コア便り

【2022/01/18】「2022年を迎えて」


新年明けましておめでとうございます。
2022年が皆様方にとって良い年となりますように心よりお祈り申し上げます。
コア便り、お正月休みをいただきました。失礼いたしました。
今回は「2022年を迎えて」と題して発信させていただきます。

報道によると、コロナ禍による影響はいづれの産業も大変な状況が続くようで、
我々のお客様である建設業様もとてもご苦労をされていると伺っています。
当社は当社の事業を通じて
「お客様の生き残りに寄与する挑戦をし続ける」1年になると想像しています。
当然、その事業は当社の生き残りにも寄与することが前提でもあります。

そのような観点から当社の製品を眺めて見ると、
建設業様の利益を守るためのシステムであることから、
立ち位置としては悪くは無いのですが、
「べきだ論」が前面に立ち過ぎていて
ご採用時の敷居が少し高いのでは無いかと心配しています。
現在の仕事のやり方からあるべき姿に切り替わるために、
苦痛を強いて短期間で進める方法に加えて、
大きな変化を与えずにスタートして下地が出来たところで一挙に加速するという
新たな選択肢を用意し続ける1年になると想像しています。

そして、その選択肢を用意するには当社の力量だけでは難しく、
企業の垣根を越えて多くの方々のお力もお借りしながら活動する必要があると思っています。
2022年はこれらのコラボレーションをスタートさせる1年になりたいと考えます。
引き続きBEStPROシリーズにご期待下さいますようよろしくお願い申し上げます。

一日も早い新型コロナウイルス感染症の終息と、皆様方のご健康をお祈り申し上げます。
潟Rア・システムデザイン 代表取締役社長 野崎哲司
nozaki@koasystem.co.jp