BEStPRO-原価:建築・土木工事原価管理システム
作業所の業務効率化を追及

BEStPRO-原価の特徴

主な機能

原価処理業務の流れ


1 実行予算・見積依頼書の作成


1.内訳書明細データを基に実行予算書を作成。
- BEStPRO-U又はUXで作成されている場合は効率的に変換。
- BCS.CSV形式での取込みも可能。
- 本システムで実行予算書を作成することも可能。
2.仮実行予算・最終実行予算書をDBに登録。
3.作業所で見積依頼書を作成。
4.購買部門で見積依頼書を作成。

2 見積比較表・業者への発注


1.発注候補先を複数選択して見積依頼・回答を行う。
2.見積比較表・鑑を作成して社内発注承認を得る。
3.発注処理を行う。(実行予算書にフィードバック)
- CI-NET又はExcelを利用した電子商取引が可能。
- 発注処理時点で発注時利益予測が可能。(個別・全体)
- 予算残/未発注確認/予算超過項目の確認等も可能。
4.工種別・取引先別発注状況一覧等が確認可能。
5.実行予算書上で発注数量の確認が可能。

3 作業所での出来高請求処理


1.契約物は注文書毎に出来高・請求処理を行う。
2.契約外・立替・小口処理を行う。
- それぞれのデータと実行予算を紐付けを行う。
3.基幹系システムより振替情報を受取って出来高処理を行う。
4.請求書・出来高査定情報を基幹系システムに送る。
5.出来高・請求処理に関してもCI-NET及びExcelでの処理に対応している。

4 原価管理台帳処理

1.実行予算から注文を引いた実行残が自動的に今後支払予測欄に計上され、差益(利益予測)は0となる。
- 今後支払予測に自動計上された金額を修正することにより差益(利益予測)が確立する。
- 注文契約数量が実行予算数量と同じかそれ以上の場合、発注完了として今後支払予測は0となり、実行予算との差が差益(利益予測)となる。
2.原価台帳には「実行予算」、「注文」・・「出来高累計」「月次出来高」等の情報が集計されている。
- 注文契約を行わない明細については出来高により今後支払予測を行う。
3.前月までの出来高と当月の出来高により、月次報告書を作成。
4.作業所単独での受注金額・実行予算金額・指定日での利益予測が工種科目毎に集計される。
5.全作業所のデータを集計して、受注金額・実行予算金額・指定日での利益予測が工種科目毎に集計される。
- 支払予測、取引先別発注一覧が随時更新されている。

標準的な導入手順

1 ユーザー側のキーマンを決めていただきます。(システム側)
2 ユーザー側の作業担当者を決めていただきます。(利用者側)
3 基本確認作業を行う。<1〜2日:有料>
- キーマン・作業所担当者同席の元に最終パッケージレベルの確認を行う。(各画面・印刷共)
- 具体的な作業所への配布手順とスケジュール、教育、サポートに関する打合せを行います。
4 Fit&Gap作業を行う。<有料>
- 現行の仕組み及び作業方法・書類の流れ等についてパッケージとの違いを文書化する。
- 企業の規模及び経理との連携まで行うか等により作業工数は大きく変わります。
- パッケージを基本とする場合。(カスタマイズが少ない場合):5〜8日程度
- 現行の流れに合わせる場合。(カスタマイズが多い場合):20〜40日程度
5 パッケージ及びカスタマイズ費用の見積提出
6 契約
3〜4は先にご発注いただき、パッケージとカスタマイズ部分を含めた契約を行います。
カスタマイズ部分につきまして外部仕様書を作成します。
-ユーザーの確認及び承認をいただきます。
7 カスタマイズ部分プログラミング・テスト作業
8 システム納品・検収作業
9 教育(集合教育を2日程度行います。)

お問い合わせ、資料請求

お問い合わせはこちらから